FC2ブログ
2017/05/04

[レビュー]ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 神ゲーあらわる

ゼルダの当たり前を見直すがテーマらしい今作。
ゲーム史上に残る傑作となっただけではなく、
ゲームの当たり前すら見直させてくれた作品でした。

今作を経て、
ゲームは一段階上の面白さに進める気がする!

基本的な流れ


主人公リンクが
100年の眠りから覚める所からゲームが始まります。

チュートリアルであるはじまりの大地にて
・記憶を失っている事
・目的は厄災ガノンを倒しゼルダ姫を助ける事

が判明します。

謎解きに使う爆弾等のアイテムは
全てこのチュートリアル中に手に入ってしまうので
それらのアイテムを応用して攻略していきます。

リンクは目覚めた時点では裸で、
服は手に入るものの剣はおろか盾すら持っておらず、
なんと最初に手に入る武器は木の枝なんです。

武器くらい用意しといてほしい…ドラクエか!

すこし進むとすぐに剣が入りますが、
意気揚々と使っているとすぐ壊れてしまいます。

今作では全ての武器に耐久力があり、
基本は使い捨てになります。

倒した敵が持っていた武器は奪う事ができるので
壊れることを気にせず戦いましょう。

序盤は敵が持っている率の高い
こん棒がメインウエポンとなるでしょう。

ドラクエか!

チュートリアルが終わった後どこに向かうか、
どこから攻略するかはプレイヤーに委ねられています。
この攻略手順の自由度こそが今作最大の特徴ですね。

今作ではパラセールというアイテムで
滑空できるのも特徴の1つ。

まず高いところに登り、
怪しいポイントを見つけたらマップに印をつけ、
そのポイントまで滑空して移動する
というのが探索の流れです。

広大で自由な世界


今作の世界は広い
とても広い

広大な世界での冒険が楽しめた傑作である
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(GC/Wii)
のなんと12倍もあるらしい。

しかもその世界の
ほとんどすべての場所に行ける、登れる。

例えばトワイライトプリンセスでは
決められた道を進み、
マップの切り替えポイントまで行くことで、
次のマップに進める

それがゲーム的に自然だったし、当たり前でした。

skyrimやfo4でも、
大きい街や屋内に入るにははこの仕様ですよね。

ウィッチャー3ではロードこそないものの
塀や橋によって街の入り口が決められていました。

オープンワールドゲームといえば、
「どこでも自由に行ける」事が最大の売りですが、
今作と比べてしまうと
今までのオープンワールドは全然自由じゃなかった
とさえ思えてしまいます。


美しい世界


今作の世界は美しい

単純に高精細なグラフィックと言うことではなく、
マップデザイン等、見せ方がバツグンに良いのです。

スペックでいえば、ライバル機種やPCに劣るので、
細かく見るとテクスチャが粗かったりしますが
映画とは違い、ゲームは体験です。

今作の世界は動かしていると
スクリーンショットや動画だけでは伝わらない、
この美しい世界を冒険している
と言う空気感があるのです。

プレイヤーの選択肢は少ない


今作の世界が圧倒的な自由度をもっている一方で
プレイヤーに委ねられる選択肢は少ない。

ストーリーを無視して遊ぶことは出来ますが、
主人公はリンクで
ゼルダに仕える近衛騎士と決まっています。

skyrmではギルドに所属して盗賊として生きたり、
吸血鬼になったり出来ました。
fo4では敵対する複数の陣営から一つを選ぶことになり、それぞれに結末がありました。

今作では
「勇者として厄災ガノンを倒し、ゼルダ姫を助ける」
以外の結末は用意されていません。

ベセスダが得意としている
ロールプレイの自由度は期待しない方が良いでしょう。

目指すところが違うので当然の差なのですが、
今回のゼルダは
オープンワールド!自由!
というイメージが一人歩きしている気がしたので
一応、書いておきます。

妥協のない遊びのバランス


オープンワールドの当たり前として
「自由度と引き換えに他の要素は弱い」
と言うのがあると思います。

戦闘がチープだったり、
ストーリー演出が弱かったりと言った具合に。

今作はそこについても見直しています。
というより、今までのゼルダシリーズの良さを
損なっていないのです。

快適かつ戦法豊かな戦闘
小粒ながら本格的な謎解きが楽しめる祠
収集欲を掻き立てるコログ
ドラマチックなボス戦演出


どれも過去のオープンワールドゲームでは諦めていた、
無くて当たり前の要素でした。

特に水の神獣ヴァルッタ戦は

え!?これオープンワールドゲームだよね???

と思ってしまうような
ステージクリア型ゲーム並みの
熱い戦闘が楽しめました。

つまり、今までの
「ストーリーに沿って進めるゼルダシリーズの楽しさ」
「自由に遊べるオープンワールドの楽しさ」

そのどちらも高いクオリティで共存しているのです。

これこそが、今作最大の魅力で、
オープンワールド初心者にも熟練者にも受け入れられる傑作となっている理由だと思います。

このバランス感覚は任天堂クラスの会社の看板タイトルだからこそ実現できた力技で、
なかなか真似できるものではないと思いますが…


あえて欠点をあげるなら


重箱の隅つつくの助参上!\\\\٩( 'ω' )و ////

プレイ時間や行動に応じて、敵が強化されていく

単純に攻撃力と防御力が高くなるという調整で
攻撃力が上がるのは良いとしても、
硬くなる(HPが高くなる)のはいただけない。

後半、雑魚敵との戦闘は時間のかかるものになり、
戦うのがおっくうなのです。

雑魚敵であればラッシュ(ジャストで回避すると発動する技)が発動できれば一撃で倒せるくらいでも良いと思います。

あとは雨の存在

雨が降ると、
・壁を登る際滑ってほとんど登れない
・焚き火が消えてしまう
というデメリットが。

さらに雷雨の場合上記に加えて
・金属製の装備をしていると自分に落雷
というデメリットが加わります。

雨の時に入手しやすくなる素材があったりと
メリットもあるものの

・壁を登るとき滑ってほとんど登れない

これが非常にストレス!!!

せっかくの良さが消えてしまうし、
崖登り中に雨が降ってきた場合、

止むまで待つ
ワープをして時間経過させる

の2パターンしかない_:(´ཀ`」 ∠):

雨でルートが制限されることに意味がある
水の神獣ヴァルッタ攻略後で良いので、
天候を操るアイテムや能力が
手に入ればよかったと思います。

幸いな事に雨が降る確率はそれほど高くないのですが、
ここまで快適な作りの本作にはめずらしいストレス要素となっていて、勿体無いなあ。

次回作にも期待できる神ゲー!


重箱の隅を突くように欠点をあげてみましたが
プレイしていて感じた不満は
本当にこの2点くらいでした。

ゼルダの伝説の新作という高いハードルを
軽々と超えてきた万人にオススメできる神ゲー!


これだけ素晴らしいと、
今作を超える続編は作れるのだろうか?
という不安もあります。

しかし、今作はもともとWii U向けに開発されていたため
switchを完全に活かした作りではないんですね。

そして、
任天堂製のゲームで初のオープンワールド採用。
(ゼノブレイドクロスはモノリス製作のため除外)
つまり、まだ伸び代がある!ということ。

次のゼルダがどの様になるのか、今から楽しみですね!





商品紹介のコーナー


↓僕がswitchで使っているmicroSDです。
今の所不具合等は起きていません。安くてオススメ!
【Amazon.co.jp限定】シリコンパワー microSDXCカード 64GB class10 Nintendo Switch 動作確認済 UHS-1対応 最大読込85MB/s アダプタ付 永久保証 SP064GBSTXBU1V20BS
関連記事

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

Twitterにて更新通知&たまにつぶやいてます。

個人的な連絡がある方はTwitterにてお願いします。(@mochi166x)

コメント

非公開コメント