FC2ブログ
2018/02/12

Switch版スカイリムの感想。手元でスカイリムが動く感動がすごい。

こんにちは、もちとなです。


相変わらずゲームする時間があまりとれず、

もどかしい日々なのですが、

Switch版スカイリムが発売されてからは

空き時間を見つけては携帯モードでプレイしています。


昔のゲームですので、

細かいゲームの概要などは割愛させていただいて

スカイリム無印をPCで遊んでいたゲーマーが

Switch版で久々にスカイリムをプレイして感じた事を書いてみます。

“持ち運べる”スカイリム


いやー、まずね、

携帯機でスカイリムができる事への感動ですよ。


熱中したあの世界が手元にあるわけですよ!


スマホ版のDQ5を買った時も思いましたが

新作のゲームもワクワクして楽しいのですけど

やっぱり、勝手知ったるゲームをするのも楽しいんですよね。


それにスカイリムの様に自由度の高いゲームは

一度のプレイで全てを堪能することはできないので、

あえて昔はやらなかった選択をしたり、

より深く楽しむことができますよね。


スカイリムがこんなに携帯機に合うとは!!


少し前までは

スカイリムの様なハイエンドなゲームは

据置ハードやゲーミングPCでやるものでした。

Switchの登場により携帯機の性能が劇的に上がり

1世代前のお下がりではあるものの

ハイエンドなゲームが手元で動く様になりました。


実際に携帯モードでスカイリムをプレイしてみると

むしろ、

ハイエンドでボリュームたっぷりなゲームこそ

携帯機に向いていると感じます。


スカイリムって、据置機でプレイすると

1度のプレイ時間が長くなりがちです。


そうなると、起動がおっくうなんですよね。。

Switch携帯モードなら起動も中断もお手軽なので

「ちょっとだけやろうかな」と思わせてくれるんです。


僕のオジさん化が進んでゲームする気力が落ちただけかも知れませんが(;´д`)


Switchへの最適化は上々


基本携帯モードでプレイしていますが、

フレームレートやロード時間など

特に気になる点はありません。

厳密に測定はしていませんが、

バッテリー持ちもマリオやゼルダと比較して特別悪くはないと思います。


ジャイロ操作については

弓射撃時において

マウスにかなり近い操作が可能です。

あるのと無いのでは天と地ほどの差がありますが

ジャイロ感度の調整はできなかったり

とりあえず付けた感もあります。


まとめ


正直、ひと昔のゲームですので

古臭さはありますし

ベセスダお馴染みのバグも健在です。

そしてPS4Xbox oneでは使えるMODも非対応。


減点しようと思えばいくらでも減点できます。

でも、加点もいくらでもできるゲームなんです。

合う、合わないは確実にあります。


それでも他人にオススメしたくなる魅力に溢れたゲームですので

過去にPCや据置ハードでプレイした人も未体験の人も、

ぜひぜひ一度Switchでプレイしてみてくださいませませ。




関連記事

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

Twitterにて更新通知&たまにつぶやいてます。

個人的な連絡がある方はTwitterにてお願いします。(@mochi166x)

コメント

非公開コメント